話せるっていいよね。

先週の第3チャクラのワークが1時に終わった後に、お約束のようにランチに行って、まずそこで話が盛り上がったのです。
そしてさっき描いたパステルにラメ糊使ったりしたので、乾くまで貼っておいて、ランチ後に戻って来てチラッとお茶してお開きにしましょう、ということにもなっていたのです。
で、ご飯食べて戻って来てお茶しながら、、、、、
ハッと気づいたら4時ちょい前。

ていうか、私その日は4時からジュイールさんで初キャンドル作成をすることになっていたので、出なくちゃならなかったんです。そのため時間に気づくことができた、ということでもあるのです。

そんなこんなでしたので、もちろん私たちは全く話し足りないのでした。
というわけなので、次いつ会う?とその場で決めるハメになったことは自然の成り行きなのです。
一緒に乗った地下鉄で、すでに我々はスケジュールを照らし合わせて、、、、、。

そして今日またランチのため「だけに」会うことになった次第でございます。

行った先は、ハービスの近くの、、、、、、、
ええっと。生麺パスタを食べさせる店です。
美味しかったです。

しかし、やはりしたことは話すこと。
いろいろな話がシンクロにシンクロを呼んで、ああなんで今日この話聞いてるんかわかったわ〜、みたいなことがたくさん起こりました。
別に取り立てて「スピ話」をしているわけでもなく。
(ていうか、私そういうのものすごく苦手なんで)
3人みんなが、同じところにいて同じスタンスで同じところにある目線で
語り合うことができていて、なんか気持ちよかったのよ。
誰もその人の話すことを諭さないしビックリしないし拒絶しないし変な賞賛もしないし。
こういうの本当にありがたいことなんです。
ジャッジしないで、そのままに受け止めてるし受け止めてもらってる、てことですよね。
そして私たちはこれまでの人生で、そうでないことの経験が豊富すぎたのでした。
にゃははは。

お店に入ったのは1時半ちょい前だったのですが、
「ランチタイムが4時までですので、、、、」と言われたのが3時半過ぎ。
誰もがそんなに時間経ってるとは知らなんだ、、、。

あわてて出ましたが、もちろんまだ話すことがありそうなので、お茶へ。
そこでもさらに盛り上がり、またまた気づいたら5時半。

ようやくとりあえず終演を迎えました。


昔から、誰もそんな人がいなかった、てことでは決してないのですが、
去年ぐらいからようやく、そういう人たちと何人も出会ったり、
もともとの知り合いの中からも厳選されたり(ってなんて不遜な表現!!)
そんなこんなで、本当にありがたいつながりを持つことができていて
ああよかったなあ、、、としみじみした1日でした。
[PR]
by claramart | 2011-01-13 21:47 | こんな一日