超うれしい感想をいただきました!(甘やかし企画第2弾)

もう5年以上前に、さる心理療法のセミナーを通して知り合った、
福岡でジュエリーセラピストをされているマキさんが、
先月大阪に来られた時にセッション受けて下さったのですが、
こ〜〜〜〜〜んな嬉しいオーラソーマの感想メッセージをくださいましたの。
嬉しいから自慢します。


**********

先日、はじめてオーラソーマのコンサルテーションを受けました。
オーラソーマのボトルって、
写真とか、遠目から見たことがあるだけ。

実際目の前にして、ボトルに触れると、
ただキレイなだけではなく、どっしりしたエネルギーを感じて、
なんか、ボトルが『生きてる』って感じがしました。

また、
よく、サイトなどで四本選んで、
意味などが解説してあるヤツは何度かやったことはあるんですが、

ボトルって、四本選ぶ。 のではなく、
全部の中から一本を選ぶ。ということを、合計四回繰り返すんですね。
…いやはや、しょっぱなから意外でした。

確かに、全部の中から四本チョイスする。…のではなく、
この一本☆というボトルを四回選ぶのとでは意味が違います。
No.1~No.4と、No.1、No.1、No.1、No.1って、違いますもん。

そして、一つ一つ、感じることを聞かれて、
くららさんが意味づけ、解釈のファシリテートをしてくださったのですが、
そのファシリテートが、流石☆☆☆☆☆
…としかいいようのないセッションでした。

で、具体的にどこがどうすごいのかといいますと、

今まで私が受けてきたカラーのセッションのほとんどって、
まず色の意味がありき。
まずは色の意味をみながら、クライアントを色にあてはめていく…
色を通してクライアントを見る。

だけど、くららさんのセッションは、その逆。
まずはクライアントありき。

で、
クライアントが感じていること、今の状況、流れなどがまずあって、
それに対して、色を様々な解釈、意味づけしていく…というセッション。

まさに、クライアント中心のセッション☆

色があって、そしてクライアント。だと、
色の意味にのっとって、クライアントを診断するって感じ。
リトマス試験紙じゃないけれど、
セッションというより、色診断、色鑑定にのっとった個人診断って感じ。
この色を選んだアナタはこれこれしかじか。…みたいな。
だから、時と場合によって?????みたいなこともありました。

だけど、クライアントがいて、色がある。…っていうのは、
クライアントがあくまで主体。

まさしく、個人の診断、鑑定。

色をみて、クライアントをあてはめていくのではないのです。

色の先入観がないから、クライアントに応じて、臨機応変に、
柔軟に、そしてクリエイティブに、
いかようにも解釈できる可能性を与えてくださる。

決して一方的ではない。
この色はこう。みたいな、決めつけがない。

だから、私、クライアントが、まだ気づいていないリソースを
引き出すヒントを与えてくれる。
自分の解釈で、色を意味づけることもできる。


そんな感じの素晴らしいセッションで、

私も、セッションを行う際において、非常にお手本となるセッションでした。

くららさん、ありがとうございました。m(_ _)m


*******

いやいや。
もう、こんなにも言うてもらえると、謙遜とかもうなくなるんやねえ(笑)
だって私ホンマに頑張ってるもん、ていう気になってきました(にゃはは)

で、マキ姉が実際ご自分の選んだボトルについてどんな風に感じているか、
この後さらに探求が続いているのです。
ここから続くさらなる感想を、日記にもアップしてくださってるので、
ぜひぜひご覧くださいませ〜!

こちらで〜す。
[PR]
by claramart | 2011-04-04 19:20 | オーラソーマ